Javaプログラミング学習でTRPGに必要な機能を作ってみる

目的もなく勉強を始めると、

「結局何がしたいの?」という思考に陥ってしまうことありませんか?

 

僕は、Javaプログラミング学習をはじめて、

本を買い、動画を見て、自己流で勉強をしてみましたが、

目的が明確でなかったので、続けられませんでした。

 

 

2020年になったことだし、ここらで気合入れてプログラムを一つ作ったろ!と思い、

一番かんたんなJava入門さんで最初からしっかり学ぶ事にしました。

 

 

今日学んだ事と一緒に、プログラミングの進捗を書いてみたいと思います。

 

プログラムを作るまで

 

一番かんたんなJava入門さんでは、

メモ帳とコマンドプロンプトというWindows標準の機能を使うので、

基礎の基礎から学べるという印象を受けました。

 

今日学んだ事は、

コンパイルの仕方や、クラス、プログラムの書き方、演算子など、

結構サクサク学べたので、それを頭に入れつつ、

自分でプログラムを書いてみました。

 

キーパーが心理学を振るときのプログラム

 

今日学んだ事を活かし、TPRGのキーパーが心理学を判定するプログラムを作ります。

 

完成品
public class Keeper{
	public static void main(String[] args){
		int psychology = new java.util.Scanner(System.in).nextInt();
		int dice = new java.util.Random().nextInt(100);
		boolean dicevalue = dice <= psychology;
		System.out.println("心理学のダイス結果:" + dice );
		System.out.println("成否:" + dicevalue);
}
}

 

これが今日作ったプログラムですが、

ちょっと本で学んだ知識も入れてあるので、

簡単に解説していきます。

 

 

まずクラスKeeperを作り、その中にMainメソッドを書きました。

public class Keeper{
     public static void main(String[] args){
     }
}

 

 

次に、心理学の値を入れるための変数と、

入力を受け付ける文を書いています。

int psychology = new java.util.Scanner(System.in).nextInt();

 

 

そして、ダイス判定はランダムしたかったので、

ランダム値を入れるための器としてdiceを用意して、

上限値を1D100の100に設定しています。

int dice = new java.util.Random().nextInt(100);

 

後は、心理学の値とダイス結果を比べる文を作り、結果を出力しています。

boolean dicevalue = dice <= psychology;

System.out.println(“心理学のダイス結果:” + dice );
System.out.println(“成否:” + dicevalue);

 

 

まとめ

 

今日は、コンパイルから演算子の学習までを終え、

TRPGの心理学判定プログラムを作って見ました。

 

TPRGには心理学の他に、プレイヤーがダイスを振る目星や聞き耳など、

様々な項目があるので、完成までにはまだまだ掛かりそうですが、

とっかかりとしては書きやすかったです。

 

 

目的を持つことで、勉強する意欲もあがるので、

「自分が見ている動画に関係してなにか作れないかな?」を考えて作ってみると、

ちょっとワクワクして、意外とサクサク進めるかも知れません。

 

これからJavaを学ぼうと思っている方は、ぜひ一緒に進めて行きましょう。