WEB制作初心者がプロ用ソフトを使った方が良い2つの理由

 

 

僕は会社に入った時点では、

WEB制作について、全くの初心者でした。

 

 

そんな僕が、今ではWEB制作や、

WEBを使ったビジネスをお仕事にできているのは、

超優秀なツールを、早い段階から使っていたからだと思います。

 

 

実は、僕も最初は無料ツールを使って勉強していました。

 

 

しかし、師匠から、

「プロは道具」という言葉を頂いて、

有料ツールを使うようになってから、

僕の成長速度は、急激に加速しました。

 

 

 

 

初心者でもプロ

 

 

僕は、師匠からよく、

「プロは道具だ」

と聞かされていました。

 

 

それは、プロがプロたり得るのは、

道具あってこそ、という意味だと思います。

 

 

もちろん、技術力等も大事です。

 

 

しかし、初心者用の道具を使っているプロが、

どれだけいるか考えれば、

道具がどれだけ重要かわかるかと思います。

 

 

 

例えば、

中華料理の修行に来た佐藤さんが、

初心者だからといって、

家庭用フライパンで調理するわけがないのです。

 

 

つまり、初心者のうちからプロ用の道具を使うことで、

プロ意識も生まれ、道具の優秀さも加わり、

初心者用の道具を使うよりも、早く成長することが出来ます。

 

 

 

 

 

仕事で使うのはプロ用の道具

 

 

もし、あなたがビジネスをする上で、

最終的に使う道具は、一体どんな道具になるのでしょう。

 

 

ビジネスは、ソシャゲで無課金を貫くのとは違い、

多少なりともお金がかかったりします。

 

 

もちろん、

「僕はプロじゃないんで」

というスタンスであれば、問題ありません。

 

 

しかし、プロとして、

ネットビジネスに関わっていくのであれば、

いずれ、プロ用のツールは必要なります。

 

 

 

プロ用のツールが必要になった時、

それを初めて使う場合、もたついたり、

手間取ったりする可能性が高いわけです。

 

 

 

最初から使っていれば、そんなことはありません。

 

 

 

先程も例えに出しましたが、

中華料理の修行は、

中華鍋でやったほうが、

将来的にも遥かに効率が良いでしょう。

 

 

そういう理由から、

初心者こそ、プロ用のツールを使う事が重要だと思います。

 

 

 

 

ツールの選択肢

 

 

 

さて、ここまで紹介したとおり、

初心者だから初心者用のソフトを使うというのは、

僕はおすすめしていません。

 

 

僕の話に戻りますが、

僕がWEB制作初心者の時に使ったツールは、

Dreamweaverというソフトでした。

 

 

Dreamweaverは、Adobe社が提供している、

WEB制作やプログラミングに特化した、

オーサリングソフトと呼ばれるツールです。

 

 

Dreamweaverは、コードを書く所から、

アップロードするところまで、

このソフト一つで出来てしまうという、

ステキでムテキなソフトです。

 

 

実際、ブログ制作に関しては、

画像関係以外、Dreamweaverしか使っていません。

 

 

Dreamweaver以外にも、優秀なソフトはたくさんあると思いますが、

今の僕は、Dreamweaver以外使う気にはなれません。

 

それほど、使いやすく、

困らないソフトです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

WEB制作は、最初はとっつきにくいイメージですが、

プロ用ツールを使うことで、つまづく事なく、

制作に集中できます。

 

 

今は、月額で使える上に、

PhotoshopやIllustratorなど、

WEB制作に使えるツールが、

全て使えるプランなんていうのもあります。

 

 

僕もそのプランにしています。

 

 

現役で頑張っている方も、

これからネットビジネスを始めようと考えている方も、

ソフトはプロ用のものを使う事をオススメします。

 

 

よかったら、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

All in One プランのAdobeCC

Adobe Creative Cloud